読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人部ブログ

初めての方はカテゴリより「はじめに」をご覧下さい。

【告知】フェチ研 vol.1[暗号としてのフェティシズム2、『毛皮のヴィーナス』鑑賞]

悠です。

 

次回のフェチ研(前身・渋家縄会)のお知らせです。

 

ポール=ロラン・アスン著『フェティシズム』のレジュメを発表します。

また、映画『毛皮のヴィーナス』(2013年、ロマン・ポランスキー監督)を鑑賞し、「フェチとはなにか?」を映画体験の中から探りたいと思います。

 

参加希望の方はどなたでもお気軽にお問合わせ下さい。

 

お問合わせ・ご予約はshibunawa@gmail.com

【お名前(ハンドルネーム可)・性別・人数】

をお書き添えのうえご連絡ください。

 

◻︎◻︎以下詳細◻︎◻︎

 

フェチ研 vol.1

テーマ:暗号としてのフェティシズム2、『毛皮のヴィーナス』鑑賞

 

日時:2015年8月22日(土) 

時間:14:00-17:00

場所:渋家地下クヌギ

参加費:500円(予約制)

 

★内容★

 前回に引き続きフェティシズム(ポール=ロラン・アスン著、文庫クセジュ)のレジュメを手引きに、「フェティシズム」という概念を巡る思想史について学ぶ。

 精神分析学上の「フェティシズム」の概念がフロイト以降どのように捉えられているのか、ウィニコットラカンなどの人物を軸に学ぶ。

 また、前回「フェティシズムの美学」において学んだマゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』(1871)を原作にした映画『毛皮のヴィーナス』(2013、ロマン・ポランスキー監督)を鑑賞し考察する。

 

☆資料☆

フェティシズムポール=ロラン・アスン 文庫クセジュ(該当頁 p.136-p.149)

映画『毛皮のヴィーナス』ロマン・ポランスキー監督

『性倒錯の構造 フロイト/ラカンの分析理論』 藤田博史 青土社

『毛皮を着たヴィーナス』L・ザッヘル=マゾッホ 訳・種村季弘

 

f:id:shibuotona:20150817032844j:plain